ローカルにWordPress環境を構築する


スクリーンショット 2014-11-08 15.13.39
WordPressの引越し

引越しということで、本サーバのWordPressサイトを別のサーバに移します。今回は、ローカルにサーバを構築し、そこに移す作業をしています。本サーバからファイルとデータベースのバックアップを取りました。しかしデータだけあっても、そのデータを読み込み動作させないといけません。その環境を構築する方法をいくつかみていきます。

MAMP

スクリーンショット 2014-11-08 16.20.15
MAMP

Macの方ならおなじみの「MAMP」です。実は、MacだけでなくWindows版もあります。頭文字の「M」って「Mac」のことじゃなくて「My」だったんですね。「My Apache – MySQL – PHP」らしいです。ApacheとMySQLとPHPがサポートされているパッケージで、簡単にWordPress環境が構築できます。
詳しいインストール方法は、Make WordPress Core >> Installing MAMP が参考になります。

XAMPP

スクリーンショット 2014-11-08 17.08.02
XAMPP

Windowsの方ならおなじみの「XAMPP」です。私もかなりお世話になりました。「X Apache – MySQL – PHP – Perl」の頭文字らしく、XはいろいろなOSという意味らしいです。数学の変数x みたいな感覚なんですかね。Windows版、Linux版、OS X版があります。ApacheとMySQLとPHPとPerlがサポートされているパッケージで、簡単にWordPress環境が構築できます。
詳しいインストール方法は、Make WordPress Core >> Installing XAMPP が参考になります。

VCCW

スクリーンショット 2014-11-08 23.20.24
VCCW

VCCWは、WordPressのプラグインやテーマ開発、そしてWordPressでのサイト制作のためのVagrant開発環境です。最近の私のメイン開発環境となってます。仮想マシンを作って動作させるためWindowsやMacでも、ホストOSに関係なく本番環境に近いのLinuxディストリビューションで動作し、Apache、PHPそしてMySQLだけでなくWordPressの開発に便利な様々なツールがインストールされてます。
詳しいインストール方法は、vccw.cc が参考になります。

VVV

スクリーンショット 2014-11-08 23.50.49
VVV

WordPressコア開発用のVagrantコア開発環境です。Gruntによるタスク管理やSassを使った管理の仕方などなかなか勉強になります。こちらはWWBサーバがApacheでなくnginx です。本番サーバがnginxの方には開発環境と本番サーバの環境による違いで起こる問題が軽減するかもしれません。PHPやMySQLだけでなくWordPressの開発に便利な様々なツールがインストールされてます。
詳しいインストール方法は、GitHub >> Varying-Vagrant-Vagrants/VVV が参考になります。


[WordPressの引越し 関連記事]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です