WordPressをFileZillaとphpMyAdminでバックアップ



WordPressの引越し

サーバ移転には、本番サーバからファイルとデータベースを移す必要があるので、その両方をバックアップします。今回はファイルのダウンロードには FileZilla を、データベースのエクスポートには phpMyAdmin を使います。

FileZilla でファイルのダウンロード

WindowsではFFFTPがFTPクライアントとして有名ですが、MAC版はないですね。個人的にはWindowsでもMACでもFileZilla使っているので今回もFileZilla使います。

スクリーンショット 2014-11-06 1.32.38

FTPクライアントは何でもいいのですが、本番サーバのファイルをバックアップします。
バックアップだとプラグインやシェルとcron設定などがよく使いますが、今回は引越し目的なので直前の状態を手動でバックアップ取りました。プラグインなどでバックアップを自動的に取る場合は、バックアップ保存先は本サーバとは別が良いです。本サーバが潰れたときバックアップも一緒に吹っ飛びます。

phpMyAdmin でデータベースのエクスポート

ホスティングサーバを借りたら多くのサービスで標準でphpMyAdminがインストール済みです。XAMPPやMAMPで開発環境作っている方なら馴染みが深いと思います。phpMyAdminでデータをエクスポートしてバックアップします。

スクリーンショット 2014-11-06 2.02.52

phpMyAdminにログインしてエクスポートをクリックします。

スクリーンショット 2014-11-06 2.19.01

  • 対象
    引越しするWordPressに関するテーブルが対象となります。対象を調べるにはWordPressの設定ファイル wp-config.php を開きます。例えば
    $table_prefix = ‘wp_’;
    となっていれば、接頭語が ‘wp_’ のテーブルが対象となります。マルチサイトであれば、wp_1_ のようなテーブルもありますが、それらも全て対象です。
  • エクスポート形式
    今回はSQLにします。SQLをエクスポート➡インポートの方法で進めます。
  • 構造
    個人的には「DROP TABLE / VIEW を追加」にチェックします。引越し先のデータベースにデータが残ってたりすると問題が起こる場合があるので、一旦全削除して総入れ替えします。
  • ファイルで保存
    ここのチェック忘れると大変なことになります。ファイルに保存する代わりにブラウザに表示します。大容量になるようなデータをブラウザで表示するとブラウザが固まったりします。

後はデフォルトで「実行する」ボタンをクリックするとダウンロードが開始します。

ファイルとデータベースはセットで

スクリーンショット 2014-11-08 1.51.30

注意点として、ファイルのダウンロードとデータベースのエクスポートはセットでバックアップします。別々に時間をズラしてバックアップすると問題が起きます。例えば、アイキャッチ画像ありの投稿をするとき、画像はファイルとして本文はデータベースに保存されます。ファイルとデータベースがセットでバックアップしないと、画像切れの投稿になったりして不整合が起こります。


[WordPressの引越し 関連記事]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です