WinにVirtualBoxでOracle DB 環境構築! Solaris に Oracle Database を インストールする


solaris-oracle-20171028-00

勉強用の Oracle DB の環境構築の備忘録です。Oracle は 個人勉強用に 「OTN開発者ライセンス」があるので今回はこれを利用します。今まで、Oracle は使う方メインでやってきたから インフラ側となると難易度が全然違う・・・まずは、複雑な設計はせずに動くところまでの備忘録と。Win の Oracleクライアントツールから VM内の Oracle DB に接続して操作できるところまでがゴールです。

【構築環境】
  • Oracle VM VirtualBox
  • Oracle Solaris 11.3 on x86-64 (64-Bit)
  • Oracle Database 12c Release 1 Standard Edition

※Oracleのインストール方法の詳細については、Oracle Databaseオンライン・ドキュメント 12c リリース1 (12.1) 参照

Oracle Solaris 11.3 の準備

まずは OSが必要になります。今回は Solaris を使います。理由は 仕事でも使っているし、何よりも Oracle が VirtualBox 用の Solaris イメージを準備しているので環境構築がすごくかんたん!全部 Oracle製ですしね。

solalisoracle_027
Oracle VM VirtualBox用Oracle VMテンプレート のページにアクセスします。 OTNライセンスに同意して、 Oracle Solaris 11.3 VirtualBox Template (x86) (1.8 GB) をダウンロードしました。
※Oracle アカウントが必要です。
solalisoracle_028
ダウンロードした sol-11_3-vbox.ova を VirtualBox でインポートします。
※VirtualBox > ファイル > 仮想アプライアンスのインポート

solalisoracle_029
インポートのオプション画面が表示されます。OSはここで選択できますが、デフォルトのSolaris 11 (64bit) にしました。RAM は余裕があれば多めがいいです。Oracle DB だけで 2GB以上必要なので、デフォルトの 2048MB では少ないと思います。

※仮想ストレージが最大32GBの可変型になります。仮想ストレージを後から増やすこともできますが、イメージフォーマット変換やOSのパーティション変更など結構面倒です。大容量のデータを試したい場合は、このSolarisインストール済みイメージでなく、ストレージ容量を自分で設定してゼロベースのSolarisインストールから進めることをお勧めします。これ困りました。

solalisoracle_030
OracleSolaris11_3 ができました。ストレージは 31.25 GB の可変型です。

solalisoracle_006
Solaris を起動します。最初だけ初期設定を入力するウィザードが表示されます。ウィザードに従って設定していきます。

System Configuration Tool
これから行うウィザードの説明です。F2 で続けます。

System Identity
コンピュータ名:Solaris にしました。F2 で次に進みます。

Network
ネットワーク設定です。設定方法:自動(Automatically) にしました。F2 で次に進みます。

Time Zone
タイムゾーンの設定です。Azia > Japan を選択しました。F2で次に進みます。

Locale
Language:Japanese、Territory:Japan(ja_JP.UTF-8)にしました。F2 で次に進みます。

Date and Time
年月日はデフォルトできちんと選択されているので、そのまま F2で進みます。

Keyboard
日本語キーボード(Japanese) を選択しました。F2 で次に進みます。

Users
ユーザ設定です。ここでは とりあえずrootだけ作りました。rootの登録パスワードを入力して F2で次に進みます。

Support - Resistration
サポート登録です。勉強用なのでデフォルトのままにして F2 で次へ

Suppport - Network Configration
サポートの接続設定かな?これもデフォルトのままで

System Configration Summary
これまでに設定した内容の確認画面です。OK ならば F2 で次に進みます。

solalisoracle_014
設定が開始します。
solalisoracle_015
設定が完了すると、Solalis ログイン画面が表示されます。 root しか登録していないので、Username:root、Password: 登録したパスワード を入力してログインします。
solalisoracle_016
ログイン画面で 言語(左)やキーボード種類(中)そして表示形式(右)を選択できます。表示形式はGNOME にしました。GNOMEは GUI表示で、xTermは コンソールのみ表示です。GUI表示の方が、コンソールを複数立ち上げることができたりして便利です。

solalisoracle_017
無事Solalisが立ち上がりました。

Windows と Solaris をマウントする

VMの設定変更するために一旦、Solarisの電源をオフにします。設定>共有フォルダー をクリックします。

solalisoracle_005
ホストOS(Windows) と ゲストOS(Solaris) をマウントします。これでWindos上のファイルがSolarisでかんたんに使えるようになります。
設定は以下にしました。

  • Windows側:C:\work\VirtualBox_mnt\oracle
  • Solaris側:oracle

自動マウントにすると、上記設定では Windows側の「C:\work\VirtualBox_mnt\oracle」と Solaris側の「/mnt/sf_oracle」がマウントされます。

Oracle Database 12c のダウンロード

solalisoracle_018
solalisoracle_019
Oracle Database ソフトウェア・ダウンロード 画面にアクセスします。OTNライセンスに同意し、 Oracle Solaris (x86 systems, 64-bit) をダウンロードしました。
solalisoracle_020
ダウンロードしたファイルを解凍してマウント設定したフォルダに配置します。

solalisoracle_021
Solalisで端末を起動します。

root@solaris:~# ls /mnt/sf_oracle/
database
root@solaris:~# 

「/mnt/sf_oracle/」以下のファイルと Windowsの「C:\work\VirtualBox_mnt\oracle」以下のファイルが一致します。ファイルがない場合はマウントに失敗しています。

Solarisのパッケージを最新にする

Oracleインストール前に必要条件満たしているかどうか確認しますが、その前にsolarisのパッケージを最新にしておきます。

root@Solaris:~# pkg update --accept
カタログをリフレッシュしています 1/1 solaris 

略

   削除するパッケージ:         1
   インストールするパッケージ:  3
   更新するパッケージ:         7
   変更するサービス:           1
   ブート環境の作成: いいえ
   バックアップブート環境の作成:    はい

   ダウンロード パッケージ  ファイル  転送 (MB)  速度
   完了      11/11       649/649    13.1/13.1  1.0M/s

略
root@Solaris:~#

これで最新になりました。pkg update --accept とオプションに --accept をつけます。これで更新されるパッケージのライセンス条項に同意することを示すので、ライセンス同意が必要なパッケージも更新できます。

Oracle Databaseのインストール前の作業

Oracle Databaseインストレーション・ガイド, 12cリリース1 (12.1) for Oracle Solaris に従って前作業をします。

サーバー記憶域の最低要件

solalisoracle_023

root@Solaris:~# df -k
Filesystem           1024-blocks        Used   Available Capacity  Mounted on
rpool/ROOT/solaris      31739904     4992680    20685886    20%    /

略

Standard Edition のインストールに必要なディスク領域は 6.2GBとのこと。今回のVMのストレージは20GBあるのでまだまだ余裕あります。
またドキュメントによると /tmpディレクトリの空き領域が、最低1GB必要らしい。

root@Solaris:~# df -k /tmp
Filesystem           1024-blocks        Used   Available Capacity  Mounted on
swap                     7063824       65592     6998232     1%    /tmp
root@Solaris:~# 

まだ7GBぐらい余ってるから問題なし!

サーバー・メモリーの最低要件

solalisoracle_024
メモリは最低1GB以上。今回は5GBに設定したので、必要なスワップ領域は5GB(RAMのサイズと同じ) かな。

root@Solaris:~# zfs get volsize rpool/swap
NAME        PROPERTY  VALUE  SOURCE
rpool/swap  volsize   4G     local
root@Solaris:~# 

Oracle がチェックするスワップ領域は「rpool/swap volsize」。4G・・・ 足りない。どうやらスワップ領域を拡張する必要があるようです。拡張の仕方は、「合計スワップ領域、十分のはずなのに足りないだと!!Oracle Universal Installer (OUI) 前提条件のチェック」を参考にしてください。

Oracle Solaris 11オペレーティング・システム要件

solalisoracle_025
OSのバージョン確認します。

root@Solaris:~# uname -a
SunOS Solaris 5.11 11.3 i86pc i386 i86pc

11.3なので 11.1 SRU14.5以上は満たしてます。

必要パッケージがインストールされているか確認します。

root@Solaris:~# pkg list | grep system/dtrace
system/dtrace                    0.5.11-0.175.3.1.0.3.0     i--
system/dtrace/dtrace-toolkit     0.99-0.175.3.0.0.30.0      i--
root@Solaris:~# pkg list | grep developer/assembler
root@Solaris:~# pkg list | grep developer/build/make
developer/build/make             0.5.11-0.175.2.0.0.34.0    i--
root@Solaris:~# pkg list | grep system/xopen/xcu4
system/xopen/xcu4                0.5.11-0.175.3.0.0.30.0    i--
root@Solaris:~# pkg list | grep x11/diagnostic/x11-info-client
x11/diagnostic/x11-info-clients  7.7-0.175.3.0.0.30.1483    i--
root@Solaris:~# pkg list | grep compress/unzip
compress/unzip                   6.0-0.175.3.0.0.30.0       i--
root@Solaris:~# 

う~ん、developer/assembler がインストールされていないようです。

/developer/assembler インストール

必要パッケージがなかったのでインストールします。

root@Solaris:~# pkg install assembler
インストールするパッケージ:         1
ブート環境の作成: いいえ
バックアップブート環境の作成: いいえ

ダウンロード  パッケージ  ファイル  転送 (MB)  速度
完了        1/1           6/6      0.2/0.2  149k/s

フェーズ                                  項目
新しいアクションをインストールしています       14/14
パッケージ状態データベースを更新しています      完了 
パッケージキャッシュを更新しています         0/0 
イメージ状態を更新しています      完了 
スピード検索データベースを作成しています      完了 
パッケージキャッシュを更新しています         1/1 
root@Solaris:~# 
root@Solaris:~# pkg list | grep developer/assembler
developer/assembler    0.5.11-0.175.3.9.0.2.0     i--
root@Solaris:~# 

これで、必要パッケージが揃いました。

次は、Oracle Universal Installer で Oracle DB をインストールするための ユーザとグループ作成です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です