Google Analytics APIで情報取得!対象となるアカウントID、トラッキングID 、ビューID 、 テーブルID とは


ga_api_112

Google Analytics をAPI で取得しようとすると、取得するデータの対象を指定する必要があります。識別子として アカウント、プロパティ、ビュー という Google Analytics を使っていると 管理 から設定するお馴染みの項目など。 API を使って情報を取得するには、 アカウントID、トラッキングID 、ビューID や テーブルID などを使うのだが それらの取得方法をまとめてみました。

アカウントとプロパティとビューの関係

Google Analytcis には、Google アカウントでログインします。これでログインしたユーザが識別できるので、そのユーザーがアクセスできる権限の範囲内でGoogle Analytics の情報を取得できることができます。世界中の人がサイトやアプリで Google Analytics を使ってますから、他人のGoogle Analytics 情報を勝手に見られては困りますしね。

ga_api_104
Google Analytics にログインして、左サイドバーの 管理 をクリックすると 管理画面が表示されます。さて、出てきました アカウント、プロパティ そして ビュー! もしかしたら、トラッキングコードをサイトに貼り付けてるだけの人はあまりお目にかからない画面かもしれませんが、複数ドメインやサブディレクトリで複数サイト運営したり、分析を細く設定したりするのにすごく便利なので少しまとめていきます。

ga_api_105

一つ一つの具体的な内容はこの後みていきますが、ここでは一旦 アカウント、プロパティ そして ビュー の関係だけ。
1つのGoogle アカウント(ログインアカウント)で複数のアカウントを作成することができます。アカウント・アカウントと出てきてややこしいですが、Google アカウントと管理のアカウントは別物です。Google アカウントは管理ではどちらかというとユーザになります。図から見てわかるように、アカウント > プロパティ > ビュー と大分類、中分類、小分類のような関係になってます。
ちなみに、トラッキングコードなどを指定してデータを収集する単位は プロパティ です

アカウントID の取得

分類で言えば、階層構造の最上位に位置します。データの収集単位が プロパティ なので、アカウントはいくつかの収集データをグループ化して管理します。例えば 不動産会社A があり、A会社は 売買サイトと賃貸サイトそして不動産アプリを持っており、それぞれで Google Analytics を別々のトラッキングID(プロパティ単位)で管理します。データの収集は別々ですが、A会社の収集データということで大カテゴリに A会社 みたいなアカウントを作ります。
順序はアカウントがあってからプロパティなので逆なのですが、イメージはこんな感じです。

ga_api_107
アカウントIDですが、アカウントを選択する セレクトボックス で確認できます。

ga_api_108
また、アカウントを選択してから アカウント設定画面でも アカウントID が確認できます。

トラッキングID の取得

トラッキングID = UA-[アカウントID]-[プロパティ番号]

プロパティがデータの収集単位です。プロパティ ごとに トラッキングID が発行されます。なので、サイトやアプリ単位になることが多いと思います。プロパティが異なれば、トラッキングID も異なるので収集や分析、管理も別になります。例えば、ドメインを1つしか取ってないけど、同ドメインで複数のブログをするとします。同ドメインだけど、データ収集は別にしたい場合に、ブログごとにプロパティを作って異なるトラッキングIDで管理します。アカウントは何でもいいのですが、自分は同ドメインのプロパティのグループなのでそのまま「ドメイン名」にしてたりします。

ga_api_109
トラッキングID ですが、プロパティ を選択する セレクトボックス で確認できます。

ga_api_110
また、プロパティを選択してからプロパティ設定画面でも トラッキングIDが確認できます。

ビューID の取得

ビューはレポートを生成する単位になります。サイトやアプリの全ページにトラッキングコードを埋め込むことが多いと思いますが、分析したい目的によって必要なデータも変わってきます。フィルターを設定することにより必要なデータだけに絞り込んで解析しやすくなったり、まとめやすくなったりします。また、ビューごとにアクセスできるユーザ( Google アカウント) を設定できます。

例えば、A部署のスタッフブログとB部署のスタッフブログのページがサイトにあるとします。プロパティとしては一緒にデータ収集してもいいのですが、A部署のスタッフブログの収集情報はA部署の人にだけ、B部署のスタッフブログの収集情報はB部署の人にだけ見せたい場合に、それぞれでフィルターをかけたビューを作ってビューにアクセスユーザ(Google アカウント) を指定します。

ga_api_111
ビューを選択してからビュー設定画面で ビューIDが確認できます。

テーブルID の取得

テーブルID = ga:[ビューID]

Core Reporting API - デベロッパー ガイド によると テーブルID は以下のように定義されています。

最も重要なクエリ パラメータは、ids パラメータ、つまり table ID です。データの取得元となる Google アナリティクスのビュー(旧プロファイル)が、
このパラメータによって指定されます。値は ga:xxx 形式で指定します。xxx はビュー ID です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です