WindowsでVagrant環境を作ろう!容量足りない場合は作業フォルダ変更で対応


vagrant-install01

Vagrantを使った環境構築を使う機会が増えました。まだまだVagrantを知らない人が結構いるので、同プロジェクトの同僚や後輩の説明用にWindowsへのインストール方法をまとめてみました。今回は仮想マシン作成にVirtualBoxを使います。

Vagrantの簡単な概要は「自分が Vagrantで LAMP環境を作る理由」にまとめています。
基本的に、VagrantとVirtualBoxのアプリをインストールするだけなのですが、Vagrantで使うBoxファイルやVirtualBoxで生成される仮想マシンデータの容量がかなり大きいことが多いのでデフォルトのCドライブでは容量が足りない人がでてきました。そこで後半にそれらの作業フォルダの変更をまとめてみたいと思います。

仮想マシンとVagrant

Vagrantを使って開発するためには次の二つのアプリケーションソフトが必要です。

VirualBox(仮想マシン)

最近はWEBアプリの開発環境も複雑になりました。言語もPHPやJava、Rubyなど多様化しパソコン開発環境がカオス状態ということも!プロジェクトごとに専用の開発PCが欲しくになります。さすがにプロジェクトごとにPCを準備するのは大変なので、自分のPCのOS(ホストOS)上に、アプリで仮想的なPCを作れると便利です。このアプリで作った仮想的なPCにLinuxなどのOS(ゲストOS)をインストールして開発環境を作っていきます。仮想マシンを作るアプリとしてVirualBoxやVMwareなどいろいろありますが、今回はVirualBoxを使います。

Vagrant

仮想マシンを管理するツールです。VirtualBoxの設定(ネットワークや共有フォルダ)なども競合など起こさないように調整しながら自動的に設定してくれます。また大きな機能として同じ環境を再構築したり共有化する仕組みがあります。この仕組みのおかげで、一人が開発環境を作ってしまえば他のプロジェクトメンバーはその環境を配布してもらって再構築するだけで同じ開発環境が出来上がってしまいます。仮想マシンを使うので本人のPCのOS(ホストOS)がWindwosやMacなど関係なく、また各自が開発環境を作った場合のバージョン違いや環境マニュアル作成などトラブルや手間が減り工数削減にもなります。

VirualBoxのインストール

公式サイトの ダウンロードページ にアクセスします。

vagrant-install02
Windows、OS X、Linux、Solaris のプラットフォームパッケージが配布されていますので自分の環境にあったパッケージをダウンロードします。あとはインストールウィザードに従ってインストールするだけです。

Vagrantのインストール

公式サイトの ダウンロードページ にアクセスします。

vagrant-install03
MAC OS X、WINDOWS、DEBIAN、CENTOS のプラットフォームパッケージが配布されていますので自分の環境にあったパッケージをダウンロードします。あとはインストールウィザードに従ってインストールするだけです。

確認はコマンドプロンプトかPOWER SHELLから行います。どちらか起動して次のコマンドを叩きます。バージョンが表示されたら正常にインストールされています。
vagrant -v

PS C:\Users\hoge> vagrant -v
Vagrant 1.8.1

Cドライブの容量が足りない場合

VirtualBoxの仮想マシンフォルダ変更

仮想マシンはLinuxなどのOSもインストールするため大容量になります。数ギガバイトになることも珍しくありません。そのため仮想マシンのデータを保存するフォルダは容量が必要なため、デフォルトのCドライブの容量が足りない場合は別のドライブに変更する必要があります。Cドライブの容量に余裕ある場合はこの作業は特に必要ありません。

vagrant-install04

VirtualBoxマネージャーを起動します。ファイル>環境設定 をクリックします。

vagrant-install05

一般>デフォルトの仮想マシンフォルダー を容量のあるフォルダに変更します。変更前のフォルダはメモしておいてください。次の作業に使います。

vagrant-install06

例では「C:\Users\hoge\VirtualBox VMs」から「D:\work\VirtualBox VMs」に変更しました。変更前のフォルダの中を変更後のフォルダにコピーします。新規の場合は空だと思うので特にコピー作業は必要ないです。

使い続けている間に容量が足りなくなった場合は、いくつかの仮想マシンデータが既にあるのでコピーが必要になります。でも既に仮想マシンがある場合、他にもいろいろ作業があって面倒なのでVagrantの「同じ環境を再構築」できる特徴を利用して再構築した方が楽だと思います。最悪、.vboxファイルがデータ本体なのでこのファイルさえ消さなければ、VirtualBoxからこのファイルを読み込んで復元できます。

※変更前フォルダを一旦リネームして変更後フォルダで正常に動作することを確認してから変更前を削除すると安全かもしれません。

Vagrantのホームディレクトリ変更

Vagrantは仮想マシンを管理するツールなので、Vagrantを通してVirtualBoxの仮想マシンを生成します。Vagrantの設定ファイルの項目にはメモリ容量や割り当てCPUなどあるので、VirtualBoxがPCのパーツを買ってきて組み立ててネットワークなどの基本設定をして動く状態にしてくれるようなものです。

OSは各自が準備してVagrantにインストールするように細かく設定できますが、OSからインストールしていては開発環境つくるたびに非常に時間がかかり大変です。そこでVagrantはBoxという形である程度出来上がった状態を配布して構築する仕組みがあります。

パソコン好きの人が各パーツとOSを買ってきて自作PCを作るのか、家電量販店で販売されているようなOSや基本ソフトがプリインストールされていてすぐに使える状態のPCを購入するのかに似ています。プリインストール版PCが簡単に作れるのがBoxだと思ってください。

このBoxがOSを含んでいて非常に大容量です。VagrantのBoxを管理するフォルダがデフォルトではCドライブなのでCドライブの容量が足りない場合は別のドライブに変更する必要があります。Cドライブの容量に余裕ある場合はこの作業は特に必要ありません。

vagrant-install07

例では「C:\Users\hoge\.vagrant.d」から「D:\work\vagrant_home」に変更しました。変更前のフォルダの中を変更後のフォルダにコピーします。
※変更前フォルダを一旦リネームして変更後フォルダで正常に動作することを確認してから変更前を削除すると安全かもしれません。

Vagrantにホームディレクトリを変更したことを教えなければなりません。設定は環境変数で行います。

vagrant-install08

環境変数は
VAGRANT_HOME
に変更後のフォルダパスを指定します。
PCを再起動しないと反映されないことがあるので再起動した方が確実だと思います。

まとめ

Vagrant環境は、単にVirtualBoxとVagrantを公式サイトからダウンロードしてインストールウィザードに従ってインストールするだけです。これだけでVagrantを使った開発ができるようになります。後はBoxを手に入れたり各自でカスタマイズしていくだけです。
ただ、Cドライブの容量が少ない場合はドライブの変更設定が必要ですし、後々容量が足りなくなりそうなら最初から変更しておいた方がいいかもしれません。容量と相談して作業内容を決めてもらったらよいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です