Rubyのバージョンを簡単に切り替えられる rbenv のインストール


VagrantによるRails開発環境

"ubuntu-14.04-amd64-vbox.box" のrubyのバージョンが 1.9.3 と少し古かったので新しいバージョンを入れたい。Rubyのバージョンを簡単に切り替えることができる rbenv という管理ツールがあるのでこれを使うことにする。

rbenvとは

GitHub に rbenv の説明があったので翻訳してみた。
https://github.com/sstephenson/rbenv

Use rbenv to pick a Ruby version for your application and guarantee that your development environment matches production. Put rbenv to work with Bundler for painless Ruby upgrades and bulletproof deployments.

rbenv を使えばアプリケーションでRubyのバージョンを選択できるし、開発環境構築を保証する。rbenv を Bundlerで動作するようにすれば、Rubyのアップグレードも気にせず安心した環境になる。

rbenvのインストール

まず、rbenv がインストールされていないか確認する。

vagrant@ubuntu-14:~$ rbenv
The program 'rbenv' is currently not installed. You can install it by typing:
sudo apt-get install rbenv
vagrant@ubuntu-14:~$ 

インストールされていないことが確認できた。

"sudo apt-get install rbenv" コマンドでインストールしてくださいと表示されているが、このインストールだとエラーが出るなどの報告もあるので、GitHibに記述されている最新のインストール方法で行うことにする。
https://github.com/sstephenson/rbenv#installation

(1) Gitのインストール

Gitを使うようなのでGitがインストールされているか確認する。

vagrant@ubuntu-14:~$ git
The program 'git' is currently not installed. You can install it by typing:
sudo apt-get install git
vagrant@ubuntu-14:~$ 

次のようにタイプしてくださいって表示されているのでコマンドを実行する。

sudo apt-get install git

vagrant@ubuntu-14:~$ sudo apt-get install git
Reading package lists... Done
Building dependency tree       

略

Setting up liberror-perl (0.17-1.1) ...
Setting up git-man (1:1.9.1-1) ...
Setting up git (1:1.9.1-1) ...
vagrant@ubuntu-14:~$ 
vagrant@ubuntu-14:~$ git --version
git version 1.9.1
vagrant@ubuntu-14:~$

Gitがインストールされたことが確認できた。

(2) Check out rbenv into ~/.rbenv.

git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv

vagrant@ubuntu-14:~$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
Cloning into '/home/vagrant/.rbenv'...
remote: Counting objects: 1889, done.
remote: Total 1889 (delta 0), reused 0 (delta 0)
Receiving objects: 100% (1889/1889), 298.61 KiB | 242.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (1178/1178), done.
Checking connectivity... done.
vagrant@ubuntu-14:~$ 

(3) Add ~/.rbenv/bin to your $PATH for access to the rbenv command-line utility.

echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile

※Ubuntu Desktop note: Modify your ~/.bashrc instead of ~/.bash_profile.

Ubuntu は .bash_profile ではなく .bashrc に追記とのこと

vagrant@ubuntu-14:~$ cd ~/
vagrant@ubuntu-14:~$ ll
total 48
drwxr-xr-x 5 vagrant vagrant 4096 Sep 14 11:09 ./
drwxr-xr-x 3 root    root    4096 Apr 22 17:41 ../
-rw------- 1 vagrant vagrant  148 Sep 14 09:00 .bash_history
-rw-r--r-- 1 vagrant vagrant  220 Apr 22 17:41 .bash_logout
-rw-r--r-- 1 vagrant vagrant 3637 Apr 22 17:41 .bashrc
drwx------ 2 vagrant vagrant 4096 Apr 22 17:42 .cache/
-rw-r--r-- 1 vagrant vagrant  675 Apr 22 17:41 .profile
drwxrwxr-x 7 vagrant vagrant 4096 Sep 14 11:10 .rbenv/
drwx------ 2 vagrant root    4096 Apr 22 17:44 .ssh/
-rw------- 1 vagrant vagrant    6 Apr 22 17:42 .vbox_version
-rw------- 1 vagrant vagrant    1 Apr 22 17:42 .veewee_params
-rw------- 1 vagrant vagrant    7 Apr 22 17:42 .veewee_version
vagrant@ubuntu-14:~$ 

確かに .bashrc が存在する。

vagrant@ubuntu-14:~$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc

vi で .bashrc の最後に追記されていること確認した。

(4) Add rbenv init to your shell to enable shims and autocompletion.

echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

同様に、Ubuntu なので .bash_profile ではなく .bashrc に追記する。

vagrant@ubuntu-14:~$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc

vi で .bashrc の最後に追記されていること確認した。

(5) Restart your shell so that PATH changes take effect.

シェルを再起動して設定を反映する。

sudo reboot

vagrant なので再起動中に一旦落とされるが、再度「vagrant ssh」でアクセスする。
次のコマンドでrbenvが動作するかチェックする。

type rbenv

vagrant@ubuntu-14:~$ type rbenv
rbenv is a function
rbenv () 
{ 
    local command;
    command="$1";
    if [ "$#" -gt 0 ]; then
        shift;
    fi;
    case "$command" in 
        rehash | shell)
            eval "`rbenv "sh-$command" "$@"`"
        ;;
        *)
            command rbenv "$command" "$@"
        ;;
    esac
}
vagrant@ubuntu-14:~$ 

ruby-build のインストール

Rubyをインストールするためのruby-buildというツールをインストールする。
このruby-buildはrbenv の plugin という形でインストールする。
https://github.com/sstephenson/ruby-build#installing-as-an-rbenv-plugin-recommended

git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

vagrant@ubuntu-14:~$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
Cloning into '/home/vagrant/.rbenv/plugins/ruby-build'...
remote: Counting objects: 3752, done.
remote: Compressing objects: 100% (1645/1645), done.
remote: Total 3752 (delta 1842), reused 3741 (delta 1836)
Receiving objects: 100% (3752/3752), 645.54 KiB | 399.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (1842/1842), done.
Checking connectivity... done.
vagrant@ubuntu-14:~$

以上でrbenvによるRubyのインストール準備完了


[VagrantによるRails環境 関連記事]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です