新規Androidプロジェクトを作成 (Eclipse)


Android developers」のチュートリアルをみながら「Hello, World」アプリを作成しています。前回は「AVDの作成」についてみました。
「Hello, World」アプリ作成のステップは次のようになります。

  1. AVD の作成
  2. 新規 Android プロジェクトを作成する
  3. UI を構築する
  4. アプリケーションを実行する
  5. UI を XML レイアウトにアップグレードする
  6. プロジェクトをデバッグする

今回はSTEP2の「新規Android プロジェクトの作成」についてみていきます。

Step 2. 新規 Android プロジェクトを作成する

Eclipse で、「①ファイル(File) > 新規(New)」 >「②プロジェクト(Project)」 を選択します。


新規プロジェクト画面で「①Android > Android プロジェクト(Android Project)」を選択し「②次へ(Next)」をクリックすると新規Androidプロジェクト画面が開きます。
新規プロジェクトにAndroidがない場合は、ADT Plugin for Eclipse が正常にインストールされてません。ADTのインストールについては「EclipseのADTプラグインをインストール」の記事で詳しく説明したので参考にしてください。

新規Android画面に値を入力していきます。

プロジェクト名(Project name)
Eclipse のプロジェクト名。プロジェクト ファイルを格納するディレクトリの名前です。


Androidアプリ開発に関わらず、Eclipseはプロジェクト単位でプログラムを管理しています。Android開発ではAndroid2.x向けアプリとかAndroid3.0アプリなど各アプリによって設定が変わってきます。このような環境設定などもプロジェクト単位で設定していきます。またプロジェクトとして管理できないと、アプリごとに異なるワークスペースを作らなくてはならず作成や切り替えなどの手間がかかります。
今回はチュートリアルに従って

HelloAndroid

というプロジェクト名にしました。

内容(Contents)


チュートリアルには「内容」については何も書かれていませんが、今回はデフォルトの

ワークスペース内に新規プロジェクトを作成
(Create new project in workspace)

を選択しました。Eclipseを起動する際(設定により省略可)にワークスペースを聞いてきますが、そこに新規プロジェクトに関するソースが保存されます。
サンプルなどのように既存のソースがある場合は、「外部ソースからプロジェクトを作成(Create project from existing source)」を選択し、既存ソースのロケーションを指定します。

ビルド・ターゲット(Build Target)
「ビルド ターゲット」は、作成するアプリケーションがコンパイルされるときにターゲットとするプラットフォームです。


作成しようとするアプリが動作するAndroidプラットフォームを指定します。アプリによっては複数プラットフォーム対応にすることもありますが、プラットフォームは上方互換するのでビルド・ターゲットでは最低限のプラットフォームを指定します。

前回の「AVD(Android Virtual Device) の作成」でAndroidプラットフォーム1.6と2.2対応のAVDを作成しました。プラットフォーム1.6以上でテストできるので今回は

Android 1.6

を選択しました。

アプリケーション名(Application Name)
アプリケーション名はユーザーにわかりやすいアプリケーションのタイトルにします。この名前が Android 携帯端末に表示されます。


今回はチュートリアルに従って

Hello, Android

というアプリケーション名にしました。

パッケージ名(Package Name)
パッケージ名は Android システムにインストールされたすべてのパッケージに共通して固有のものでなければなりません。このため、作成するアプリケーションに標準的なドメイン スタイルのパッケージを使用することが非常に重要です。


通常のJava プログラミング言語で作成するパッケージと同じルールに従います。外部公開のときは「ドメイン名を逆から書いたものをパッケージ名にする」などの暗黙の規則があります。そうすることにより「クラス名の衝突」を避けやすくなります。パッケージについてはJavaの「パッケージ」の記事に詳しく書いてるので参考にしてください。

今回は外部公開もしないのでチュートリアルに従って

com.example.helloandroid

というパッケージ名にしました。

アクティビティの作成(Create Activity)
プラグインによって生成されるクラス スタブの名前です。クラス スタブは Android の Activity クラスのサブクラスとなります。アクティビティとは単に、実行して何らかの処理を行うことができるクラスを意味します。選択に応じて UI を作成することもできます(ただし必須ではありません)。チェックボックスになっていることからわかるように、これは任意選択の項目です。しかし、実際に はほとんどのアプリケーションでは、アクティビティをアプリケーションの基盤として使用しています。


通常はアクティビティー1つは1画面に相当します。「Androidとは」の記事でAndroid アーキテクチャについて説明しましたが、全てのアプリケーションはAndroidアプリケーションフレームワーク上で動作しています。このフレームワークの機能に「アクティビティー・マネージャ」がありアプリケーションのライフサイクル管理などを行っています。現時点では、「フレームワーク上で動作するので各画面はActivity クラスを継承してるんだ」程度でいいです。アクティビティーについては後々 詳しく記事にしたいと思います。

今回は「Hello, Android」と表示する為の画面が必要です。なので「Hello, Android」表示用アクティビティーを作ります。チュートリアルに従って

HelloAndroid

というアクティビティー名にしました。Activity クラスを継承したHelloAndroidクラスが自動的に生成されます。

最小 SDKバージョン(Min SDK Version)
作成するアプリケーションが必要とする最小 API レベルを指定する値です。Android システム イメージと Android SDK それぞれの新しいバージョンでは、API に追加または変更が加えられている可能性があります。追加または変更が加えられている場合、新しい API レベルがシステム イメージに割り当てられ、どのアプリケーションの実行を許可するかが規制されます。アプリケーションで必要な API レベルがデバイスでサポートされるレベルよりも高い場合、アプリケーションはインストールされません。


入力する値は「ビルド・ターゲット」一覧に表示されているAPIレベルです。「ビルド・ターゲット」の選択でも開発アプリの最低限のプラットフォームを指定するので基本は対応するはずです。
今回はビルド・ターゲットにAndroid1.6を選択したので対応するAPIレベル

4

を指定しました。なお一致しなくても完了できるようですが、一致してないときは


と警告がでます。

新規プロジェクトの確認

新規Androidプロジェクトの「完了」をクリックすると基本的なディレクトリとファイルが自動生成されます。


各ディレクトリや基本ファイルの内容については別の記事で徐々に書いていきたいと思います。
今回はアクティビティーファイルができているかどうかだけ確認します。
新規プロジェクトで入力したアクティビティー名HelloAndroidで、srcディレクトリにHelloAndroid.javaが自動生成されました。このファイルを開くとHelloAndroidクラスはActivityクラスを継承していることが確認できます。


「新規Androidプロジェクトを作成 (Eclipse)」への4件のフィードバック

  1. いきなり申し訳ありません、
    一昨日初めてようやく今日 開発環境が(たぶん)整いました。
    ただ、新規プロジェクトを作成しても
    HelloAndroidのファイルが1つできるだけで
    画像にあるような細々としたファイルが作成されません。
    原因をご存じないでしょうか?

    1. こんにちは。
      テストプロジェクトを選択しているとかですかね。
      また、Create Activityのチェックを外したりすると必要ファイルができなかったりしますが。

  2. 突然申し訳ございません。
    ファイル→新規→プロジェクトやその他を選択しAndroidを選択してもAndroidプロジェクトがありません。
    これは何かを間違ってるのでしょうか?
    そのファイルを作るのにはまた最初からやり直す方法がいいのでしょうか?
    いきなり質問だらけですいません。詳しく教えてもらえると幸いです。

  3. >tsubasaさん
    記事が随分古くなっております。申し訳ありません。
    Pleiades All in One 4.2.0と最新SDKインストールしなおしましたら
    随分UIが変わっておりました。機会ありましたら記事を最新にしていきたいと思います。

    私が最新状態で確認したところ
    「新規プロジェクト>Androidアプリケーション・プロジェクト」
    で新規プロジェクト作成できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です