Android SDKコンポーネント追加


前回はSTEP3の「ADTプラグインのインストール」についてみました。

Android SDKをインストールするために必要なステップは次のようになっています。

  1. 開発用コンピュータを準備し、システム要件を確実に満たす
  2. SDKスターターパッケージをインストール
    (Windowsを使っているならば、初期セットアップを補助するインストーラをダウンロードできます。)
  3. EclipseのADTプラグインをインストール
    (Eclipseで開発する予定の場合)
  4. SDKのためのAndroidプラットフォームや他のコンポーネントを追加
  5. Android SDKの内容を詳しく確認(任意)。

今回はSTEP4の「SDKのためのAndroidプラットフォームや他のコンポーネントを追加」についてみていきます。
Androidのインストールについては、Android開発者の為の公式サイト「Android developers」に詳しく書かれています。補足しながらみていきます。

Step 4. Adding Platforms and Other Components

The last step in setting up your SDK is using the Android SDK and AVD Manager (a tool included in the SDK starter package) to download essential SDK components into your development environment.

The SDK uses a modular structure that separates the major parts of the SDK—Android platform versions, add-ons, tools, samples, and documentation—into a set of separately installable components. The SDK starter package, which you've already downloaded, includes only a single component: the latest version of the SDK Tools. To develop an Android application, you also need to download at least one Android platform and the SDK Platform-tools (tools that the latest platform depend upon). However, downloading additional components is highly recommended.

If you used the Windows installer, when you complete the installation wizard, it will launch the Android SDK and AVD Manager with a default set of platforms and other components selected for you to install. Simply click Install to accept the recommended set of components and install them. You can then skip to Step 5, but we recommend you first read the section about the Available Components to better understand the components available from the Android SDK and AVD Manager.

[訳]
SDKセットアップの最後のステップは、「Android SDK and AVD Manager(SDKスターターパッケージに含まれているツール)」を使って開発環境に不可欠なSDKコンポーネントをダウンロードします。

SDKは、モジュール構造を利用しています。そのモジュール構造として、SDKの主なパーツ(バージョンごとのAndroidプラットフォーム、アドオン、ツール、サンプル、ドキュメント)は1セットの別々にインストールできるコンポーネンに分かれています。既にダウンロードしているSDKスタータパッケージには、たった一つのコンポーネントだけが含まれています。それは最新バージョンのSDKツールです。またAndroidアプリケーションを開発するためには、少なくとも1つのAndroidプラットフォームとSDKプラットフォームツール(最新プラットフォームによるツール)が必要になります。上記コンポーネントだけでいいけれども、他のコンポーネントも追加してダウンロードすることを強くお勧めします。

Windowsインストーラを使っているならば、インストールウィザードが完了したときに、「Android SDK and AVD Manager」が起動します。それにはインストールをするようにプラットフォームと他のコンポーネントのデフォルトセットが選択されています。コンポーネントの推奨セットに同意し「Install」ボタンをクリックするだけで、それらがインストールされます。
そこからStep 5までスキップできますが、「Android SDK and AVD Manager」から利用可能なコンポーネントをより理解できるよう最初に「Available Components」に関するセクションを読むことをお勧めます。

Android SDK and AVD Manager の起動

You can launch the Android SDK and AVD Manager in one of the following ways:

  • From within Eclipse, select Window > Android SDK and AVD Manager.
  • On Windows, double-click the SDK Manager.exe file at the root of the Android SDK directory.
  • On Mac or Linux, open a terminal and navigate to the tools/ directory in the Android SDK, then execute:
    android

To download components, use the graphical UI of the Android SDK and AVD Manager, shown in Figure 1, to browse the SDK repository and select new or updated components. The Android SDK and AVD Manager will install the selected components in your SDK environment. For information about which components you should download, see the following section about Recommended Components.

[訳]
「Android SDK and AVD Manage」は、次の方法のから1つ選んでもらえれば起動することができます。

  • Eclipseにあるウィンドウ(Window) > Android SDK and AVD Manager を選択します。
  • Windowsであれば、Android SDKディレクト内にあるSDK Manager.exeファイルをダブルクリックします。
  • MacかLinuxであれば、「terminal and navigate」を開いて、Android SDK上の「tools/ directory」に移動します。
    それから「android」を実行します。

コンポーネントをダウンロードするには、図1で示した「Android SDK and AVD Manager」のグラフィカルUIを使ってください。SDKリポジトリを取得し、新規や更新用コンポーネントを選択できます。「The Android SDK and AVD Manager」は選択したコンポーネントをSDK環境にインストールします。ダウンロードしたコンポーネントについて詳しく知りたいならば、「Recommended Components」についての次のセクションをみてください。

自分はWindowsなのでWindowsで「Android SDK and AVD Manager」を起動してみます。


まずはEclipseから起動します。
「ウィンドウ(Window) > Android SDK および AVD マネージャー(Android SDK and AVD Manager)」を選択します。SDKロケーションの設定がおかしいとエラーになります。「ウィンドウ >  設定 > Android」でSDKローケーションの設定ができます。


次は「SDK Manager.exe」をクリックして起動します。このファイルはSDKをインストールしたディレクトリ内にあります。スタートメニューやデスクトップにショートカットを作っておけばすぐに起動できます。

SDKコンポーネントのダウンロード

SDK Manager.exeで起動すると「Choose Packages to Install」画面が表示されました。

プラットフォームや他のコンポーネントのデフォルトセットが選択されています。今回はデフォルトだけインストールするのでそのまま「Accept」をチェックし「Install」をクリックします。
Windows Vistaだと管理者権限で起動しないとインストールできませんでした。起動はできますがインストール失敗になります。


インストールが開始しました。初回はインストールする数と容量が大きいので時間がかかります。

エラーなくインストールできれば完了です。

STEP4にはまだ続きがありますがここからSTEP5までスキップすることもできます。STEP4の続きは各コンポーネントの説明を詳しくしていますが、読むことが推奨されているので次回はSTEP4の続きの「Available Components」と「Recommended Components」を詳しくみていきます。


[Android SDK 関連記事]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です