EclipseのADTプラグインをインストール


前回はSTEP2の「Android SDKのインストール」についてみました。

Android SDKをインストールするために必要なステップは次のようになっています。

  1. 開発用コンピュータを準備し、システム要件を確実に満たす
  2. SDKスターターパッケージをインストール
    (Windowsを使っているならば、初期セットアップを補助するインストーラをダウンロードできます。)
  3. EclipseのADTプラグインをインストール
    (Eclipseで開発する予定の場合)
  4. SDKのためのAndroidプラットフォームや他のコンポーネントを追加
  5. Android SDKの内容を詳しく確認(任意)。

今回はSTEP3の「EclipseのADTプラグインをインストール」についてみていきます。
Androidのインストールについては、Android開発者の為の公式サイト「Android developers」に詳しく書かれています。補足しながらみていきます。

Step 3. Installing the ADT Plugin for Eclipse

Android offers a custom plugin for the Eclipse IDE, called Android Development Tools (ADT), that is designed to give you a powerful, integrated environment in which to build Android applications. It extends the capabilites of Eclipse to let you quickly set up new Android projects, create an application UI, debug your applications using the Android SDK tools, and even export signed (or unsigned) APKs in order to distribute your application. In general, developing in Eclipse with ADT is a highly recommended approach and is the fastest way to get started with Android.

If you'd like to use ADT for developing Android applications, install it now. Read Installing the ADT Plugin for step-by-step installation instructions, then return here to continue the last step in setting up your Android SDK.

If you prefer to work in a different IDE, you do not need to install Eclipse or ADT, instead, you can directly use the SDK tools to build and debug your application. The Overview section of the developer guide outlines the major steps that you need to complete when developing in Eclipse or other IDEs.

[訳]

Androidは、Eclipse IDE用のAndroid Development Tools (ADT)というカスタムプラグインを提供します。それはAndroidアプリケーションを構築する上で、強力な統合開発環境となるように設計されています。そのプラグインはEclipseの機能を拡張します。新規Androidプロジェクトの作成、アプリケーションUIの作成、Android SDKを使ってのアプリケーションのデバッグ、そしてアプリケーションを配布するために署名(未署名)されたAPKsのエクスポートさえできるようになります。一般に、ADTによるEclipseで開発することは非常にお勧めのアプローチで、Androidを始める最も早い方法です。

Androidアプリケーションを開発するためにADTを使いたいならば、すぐにインストールしてください。そして段階的にインストールするため「Installing the ADT Plugin」のページを読んでください。それからここに戻ってAndroid SDKをセットアップする最後のステップを続けてください。

別のIDEで開発することを好むならば、EclipseやADTをインストールする必要はありません。その代わり、アプリケーションを構築したりデバッグするのに直接SDKツールを使うことができます。Eclipseや他のIDEで開発する時に、完成させるのに必要な主なステップについては「developer guide」ページに概要が書かれています。

Installing the ADT Plugin

Android developersではADTを使いたいならば「Installing the ADT Plugin」を読んでADTをインストールするように書いています。「Installing the ADT Plugin」の内容を補足しながらみていきます。

The sections below provide instructions on how to download and install ADT into your Eclipse environment. If you encounter problems, see the Troubleshooting section.

[訳]
下記にはADTのダウンロードとEclipse開発環境へのインストールの仕方を説明しています。トラブルが起こった場合は、「Troubleshooting」をみてください。

Preparing Your Development Computer

ADT is a plugin for the Eclipse IDE. Before you can install or use ADT, you must have a compatible version of Eclipse installed on your development computer. Check the System Requirements document for a list of Eclipse versions that are compatible with the Android SDK.

  • If Eclipse is already installed on your computer, make sure that it is a version that is compatible with ADT and the Android SDK.
  • If you need to install or update Eclipse, you can download it from this location:http://www.eclipse.org/downloads/The "Eclipse Classic" version is recommended. Otherwise, a Java or RCP version of Eclipse is recommended.

Additionally, before you can configure or use ADT, you must install the Android SDK starter package, as described in Downloading the SDK Starter Package. Specifically, you need to install a compatible version of the Android SDK Tools and at least one development platform. To simplify ADT setup, we recommend installing the Android SDK prior to installing ADT.

When your Eclipse and Android SDK environments are ready, continue with the ADT installation as described in the steps below.

[訳]
ADTはEclipse IDEのプラグインです。ADTをインストールしたり使う前に、開発コンピュータにインストールされているEclipseのバージョンが互換性があるか確認しなければなりません。System Requirements にAndroid SDKと互換性のあるEclipseのバージョンの一覧があるのでチェックしてください。

  • Eclipseが既にコンピュータにインストールされているならば、そのバージョンがADTとAndroid SDKに互換性があるように確実にしてください。
  • Eclipseのインストールやアップデートが必要ならば、次の場所からダウンロードできます:http://www.eclipse.org/downloads/ 。"Eclipse Classic"バージョンがお薦めですが、それでなければ、"Eclipse for JAVA"や"Eclipse for RCP"のバージョンもお薦めです。

さらにADTを組み込んだり使う前に、「Downloading the SDK Starter Package.」で記載されているように、Android SDKスタータパッケージをインストールしておく必要があります。特に、Android SDKツールと少なくとも1つの開発プラットホームに対して互換性のあるバージョンをインストールする必要があります。ADTのセットアップを簡素化するために、ADTをインストールする前にAndroid SDKをインストールすることをお勧めします。

EclipseとAndroid SDK環境の準備ができたら、下記のステップに書かれているようにADTインストールを続けてください。

[補足]
ADTはEclipseのプラグインですがバージョンによって互換性の有無があります。System Requirements をみるとADTとEclipseの互換性の注意点として次のように書かれています。
2011-04-27時点でのADT最新バージョンはEclipse3.4以下はサポートされていません。なのでEclipse3.5以上が必要になります。またADKはAndroid SDKの機能を使うので先にSDKをインストールする必要があります。
自分はEclipse3.6を、そしてSDKに関してはSTEP2でインストールしているのでADTインストール前の準備はOKです。

Downloading the ADT Plugin

Downloading the ADT Plugin

Use the Update Manager feature of your Eclipse installation to install the latest revision of ADT on your development computer.

Assuming that you have a compatible version of the Eclipse IDE installed, as described in Preparing for Installation, above, follow these steps to download the ADT plugin and install it in your Eclipse environment.

  1. Start Eclipse, then select Help > Install New Software....
  2. Click Add, in the top-right corner.
  3. In the Add Repository dialog that appears, enter "ADT Plugin" for the Name and the following URL for the Location:
    https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/

    Note: If you have trouble acquiring the plugin, try using "http" in the Location URL, instead of "https" (https is preferred for security reasons).

    Click OK.

  4. In the Available Software dialog, select the checkbox next to Developer Tools and click Next.
  5. In the next window, you'll see a list of the tools to be downloaded. Click Next.
  6. Read and accept the license agreements, then click Finish.
  7. When the installation completes, restart Eclipse.

[訳]

開発コンピュータにADTの最新リビジョンをインストールするには、Eclipse備え付けの更新マネージャ機能を使います。

上記「Preparing for Installation」で説明されている通りに、互換性のあるEclipse IDEがインストールされているものとして、次にはEclipse開発環境へのダウンロードとインストールへのステップが書かれています。

  1. Eclipseを起動し、ヘルプ > 新規ソフトウェアのインストール.... を選択します。
  2. 右上の「追加」ボタンをクリックします。
  3. 「リポジトリの追加」ダイアログが現れるので、名前に"ADT Plugin"、URLに次のアドレスを入力して「enter」キーを押します。https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/メモ:プラグインの取得に失敗したならば、URLアドレスの"https"の代わりに"http"を使って試みてください。そして「OK」ボタンをクリックしてください。(httpsリビジョンの方がセキュリティ上好まれます)
  4. 取得できるソフトウェアダイアログの中で、「開発ツール」横のチェックボックスを選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
  5. 次のウィンドウでダウンロードされるツールの一覧が確認できます、「次へ」ボタンをクリックします。
  6. ライセンスを読んで、同意を受け入れます。それから「完了」をクリックします。
  7. インストールが完了すれば、Eclipseを再起動します。

[補足]
では実際に上記ステップに従ってADTプラグインをインストールしていきます。


Eclipseを起動し、ヘルプ(Help) > 新規ソフトウェアのインストール(Install New Software) をクリックします。

右上の追加(Add)ボタンをクリックします。

名前(Name)に「ADT Plugin」、ロケーション(Location)に「https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」と入力し「OK」ボタンをクリックします。正常にリポジトリーが取得できない場合は、「https」を「http」に変更します。


リポジトリーが取得できたならばダウンロード候補の中に「開発ツール(Developer Tools)」が表示されます。チェックボックスにチェックをつけて「次へ(Next)」をクリックします。


ダウンロードされるツールの一覧が確認できます。「次へ(Next)」をクリックします。

「使用条件の条項に同意します」をチェックし「完了(Finish)」をクリックします。ソフトウェイがインストールが始まります。

インストールの途中で「セキュリティー警告」が出てきましたが「OK」をクリックして続けます。


インストールが完了するとEclipseを再起動するか聞いてきます。「今すぐ再起動」をクリックします。

Configuring the ADT Plugin

Once you've successfully downloaded ADT as described above, the next step is to modify your ADT preferences in Eclipse to point to the Android SDK directory:

  1. Select Window > Preferences... to open the Preferences panel (Mac OS X: Eclipse > Preferences).
  2. Select Android from the left panel.
  3. For the SDK Location in the main panel, click Browse... and locate your downloaded SDK directory.
  4. Click Apply, then OK.

Done! If you haven't encountered any problems, then the installation is complete. If you're installing the Android SDK for the first time, return to Installing the SDK to complete your setup.

[訳]

上記で説明されている通りに、いったんうまくADTをダウンロードしたならば、次のステップではAndroid SDKディレクトリ先を指定するためEclipseのADT設定を変更します。

  1. ウィンドウ > 設定 を選択し、設定パネルを開きます。(Mac OS X:Eclipse > 設定)
  2. 左パネルから「Android」を選択します。
  3. メインパネルのSDKロケーションの「参照」ボタンをクリックします。そしてSDKディレクトリを指定します。
  4. 「適用」ボタンをクリックし、それから「OK」ボタンをクリックします。

何も問題がなかったならばインストールは完了です。Android SDKを始めてインストールしているならば、 「Installing the SDK」に戻ってセットアップを完了してください。

[補足]
上記に従ってADTの設定を行います。


Eclipseのウィンドウ(Window) > 設定(Preferences) をクリックします。左パネルに「Android」が追加されているので選択します。Android設定のSDKロケーションにSDKをインストールしたディレクトリを指定します。「適用」をクリックし、それから「OK」をクリックします。

次回はSTEP4「SDKのためのAndroidプラットフォームや他のコンポーネントを追加」をみていきます。


[Android SDK 関連記事]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です