Android SDKのインストール


前回はSTEP1のシステム要件に関わる「Androidアプリ開発の為のEclipseとJDKの準備」についてみました。

Android SDKをインストールするために必要なステップは次のようになっています。

  1. 開発用コンピュータを準備し、システム要件を確実に満たす
  2. SDKスターターパッケージをインストール
    (Windowsを使っているならば、初期セットアップを補助するインストーラをダウンロードできます。)
  3. EclipseのADTプラグインをインストール
    (Eclipseで開発する予定の場合)
  4. SDKのためのAndroidプラットフォームや他のコンポーネントを追加
  5. Android SDKの内容を詳しく確認(任意)。

今回はSTEP2の「SDKスターターパッケージをインストール」についてみていきます。
Androidのインストールについては、Android開発者の為の公式サイト「Android developers」に詳しく書かれています。補足しながらみていきます。

Step 2. Downloading the SDK Starter Package

The SDK starter package is not a full development environment—it includes only the core SDK Tools, which you can use to download the rest of the SDK components (such as the latest Android platform).If you haven't already, get the latest version of the SDK starter package from the SDK download page.

If you downloaded a .zip or .tgz package (instead of the SDK installer), unpack it to a safe location on your machine. By default, the SDK files are unpacked into a directory named android-sdk-<machine-platform>.

If you downloaded the Windows installer (.exe file), run it now and it will check whether the proper Java SE Development Kit (JDK) is installed (installing it, if necessary), then install the SDK Tools into a default location (which you can modify).

Make a note of the name and location of the SDK directory on your system—you will need to refer to the SDK directory later, when setting up the ADT plugin and when using the SDK tools from command line.

[訳]

SDKスターターパッケージはSDKのコア部分だけを含んでいるに過ぎず、それだけでは十分な開発環境とはいえません。SDKコンポーネントの残り(最新Androidプラットフォームなど)は、SDKスターターパッケージを使ってダウンロードすることができます。まだSDKを持っていないならば、SDKスターターパッケージの最新バージョンを「SDK download」ページから手に入れてください。

ziptgz拡張子のパッケージをダウンロードしたならば(SDKインストーラのかわりに)、コンピュータの安全な場所に解凍してください。デフォルトで、「android-sdk- + プラットフォーム名」という名前のディレクトリ内にSDKファイルが解凍されます。

システム上のSDKディレクトリの名前と場所を覚えておいてください。
ADTプラグインをセットアップしたり、コマンドラインからSDKツールを使うときなど、後でSDKディレクトリを参照する必要がでてきます

もしWindowsインストーラ(.exeファイル)をダウンロードしたならば、すぐに実行してください。適切なJava SE Development Kit (JDK)がインストールされているかチェックし(※必要ならばインストールします)、それからSDKツールをデフォルトの場所(※変更可能)にインストールします。

システム上のSDKディレクトリの名前と場所を覚えておいてください。ADTプラグインをセットアップしたり、コマンドラインからSDKツールを使うときなど、後でSDKディレクトリを参照する必要がでてきます。

Android SDKのダウンロード

Android SDKのダウンロードについては「Android SDKのダウンロード」の記事で詳しく書いています。
自分はWindows開発なので、Windows版の推奨ファイル「installer_r10-windows.exe」をダウンロードしました。Windowsインストーラなので適切なJDKかチェックから入ります。

Android SDKのインストール

自分はWindowsインストーラをダウンロードしたのでインストーラを実行します。

「Android SDK Tools Setup」ウィザードが開きます。「Next」ボタンをクリックします。

前回「Androidアプリ開発の為のEclipseとJDKの準備」でJDKをインストールしたにも関わらず、JDKが見つからないとチェックにひっかかりました。
なぜか調べていると

「installer_r10-windows.exe」にはバグがある

ようです(by ロロロッサ)。対策方法は

「<Back」ボタンをクリックして前画面に戻り、再度「Next>」クリック

次はちゃんとJDKを認識してくれました。JDKのチェックがOKなので「Next>」をクリックします。

Android SDKのインストール先を聞いてきます。インストール先を指定して「Next>」をクリックします。


ショートカット名を聞いてきます。ショートカットを作らない場合はチェックボックスにチェックします。「Install」をクリックします。

インストールが開始します。無事に完了すれば「succsessfully」と表示されます。
「Next>」をクリックします。

「Start SDK Manager」をチェックしたまま「Finish」をクリックすると「SDK Manager」が起動します。「SDK Manager」についてはSTEP4「SDKのためのAndroidプラットフォームや他のコンポーネントを追加」で詳しくみるので今回はチェックを外して終了します。

インストールの確認

スタートメニューをみてみます。

Android SDK Toolsのショートカットが追加されています。
SDKのインストール先をみてみます。

現時点ではSDKのコア部分しかありません。platformsフォルダの中身も空っぽです。このままではまだ開発できませんが追加コンポーネントについてはSTEP4でみます。

次回はSTEP3の「EclipseのADTプラグインをインストール」についてみていきます。


[Android SDK 関連記事]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です