Androidアプリ開発の為のEclipseとJDKの準備


前回はAndroid SDKのダウンロードについてみました。今回からAndroid SDKのインストールについてみていきます。

Android SDKをインストールするために必要なステップは次のようになっています。

  1. 開発用コンピュータを準備し、システム要件を確実に満たす
  2. SDKスターターパッケージをインストール
    (Windowsを使っているならば、初期セットアップを補助するインストーラをダウンロードできます。)
  3. EclipseのADTプラグインをインストール
    (Eclipseで開発する予定の場合)
  4. SDKのためのAndroidプラットフォームや他のコンポーネントを追加
  5. Android SDKの内容を詳しく確認(任意)。

今回はSTEP1のシステム要件を満たす準備をします。
Androidのインストールについては、Android開発者の為の公式サイト「Android developers」に詳しく書かれています。補足しながらみていきます。

Step 1. Preparing Your Development Computer

Before getting started with the Android SDK, take a moment to confirm that your development computer meets the System Requirements. In particular, you might need to install the JDK, if you don't have it already.

If you will be developing in Eclipse with the Android Development Tools (ADT) Plugin—the recommended path if you are new to Android—make sure that you have a suitable version of Eclipse installed on your computer as described in the System Requirements document. If you need to install Eclipse, you can download it from this location:

http://www.eclipse.org/downloads/

The "Eclipse Classic" version is recommended. Otherwise, a Java or RCP version of Eclipse is recommended.

[訳]

Android SDKを始める前に、少し時間と取って開発用コンピュータがシステム要件を満たしているか確認してください。特にJDKがない場合があるので、その時はJDKをインストールしてください。

Android Development Tools (ADT)プラグインを用いたEclipseでの開発を予定ならば(※Android初心者にお薦め)、System Requirements のドキュメントで記述されている適切なバージョンのEclipseがコンピュータにインストールされているか確認してください。もしEclipseのインストールが必要ならば、次の場所からダウンロードできます。

http://www.eclipse.org/downloads/

"Eclipse Classic"バージョンがお薦めですが、それでなければ、"Eclipse for JAVA"や"Eclipse for RCP"のバージョンもお薦めです。

システム要件の確認

システム要件については以前「Android SDKのシステム要件」の記事で詳しく書きました。要件としては大きく3つに分類されます。

  1. サポートOS(Supported Operating Systems)
  2. サポート開発環境(Supported Development Environments)
  3. ハードウェイア要件(Hardware requirements)

自分のプライベイトのメインパソコンはWindows Vista 32bitです。「Android SDKのシステム要件」をみるとVista 32bitはSDKの対応OSなのでOKです。
次にハードウェイア要件をみます。ツールやコンポーネントの必要容量を示していますが、私のパソコンでは全てインストールしても十分余りがあるのでOKです。
最後に開発環境ですがEclipse IDEを予定しています。Eclipse IDEで開発する為の要件をみてみます。

  • Eclipse 3.5 (Galileo) 以上
    注意: Eclipse 3.4 (Ganymede)はもはやADTの最新バージョンには対応していません。
  • Eclipse JDT plugin
    ほとんどの Eclipse IDE packages に含まれています
  • Eclipseをインストールかアップデート
    必要があるならば、http://www.eclipse.org/downloads/からダウンロードできます。
    Eclipse packagesにはいくつかのタイプがありますが、それぞれのプラットフォームが利用できます。Androidアプリケーションを開発には、次のパッケージのうち1つをインストールすることをお薦めします。
    □ Eclipse IDE for Java Developers
    □ Eclipse Classic (versions 3.5.1以上)
    □ Eclipse IDE for Java EE Developers
  • JDK 5 or JDK 6
    JREだけでは十分ではありません。
  • Android Development Tools plugin (※推奨)
  • JavaのGNUコンパイラとは互換性がありません

必要なのはJavaが開発できるver3.5以上のEclipseとJDK、そしてEclipseのプラグインである「Android Development Tools plugin」です。
「Android Development Tools(ADT)  plugin」については、SDKインストールのSTEP3「EclipseのADTプラグインをインストール」で行うので今回は省きます。

Eclipseのインストール

Eclipseとしては次のパッケージが推奨されています。

□ Eclipse IDE for Java Developers
□ Eclipse Classic (versions 3.5.1以上)
□ Eclipse IDE for Java EE Developers

上記に限らずとりあえずJavaが開発する環境が含まれていればいいので自分は日本語対応の「Pleiades All in One Java」を使うことにします。インストールについてはPleiades All in One Javaの記事に詳しく書いています。

Pleiades All in One Javaの3.6を起動し「ヘルプ > Eclipseについて」をみました。Eclipse Java EE IDEを日本語化したパッケージのようで、一応Android推奨のEclipseパッケージになります。

JDA(Java Development Kit)

JDK 5 か JDK 6 のどちらかをインストールします。
ダウンロードについては「JDK (Java Development Kit)のダウンロード」の記事に、インストールについては「JDK (Java Development Kit)のインストール」の記事に詳しく書いています。

JDKは既にインストールしてたんですがJDK6の最新バージョンにアップデートしました。

これでSDKの開発要件を満たしたので次回はSDKのインストールについてみていきます。


[Android SDK 関連記事]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です