java.awt.Componetクラス


前回はjava.awtパッケージのクラスにどのようなものがあるかみました。そしてGUIの主要な部品であるボタン、チェックボックス、ラジオボタン、スクロールなどはComponetクラスとそのサブクラスにあることがわかりました。今回はjava.awt.Componetクラスとそのサブクラスについてみていきます。

Componetクラスについて

Java Platform SE 6ドキュメントから説明を引用します。

「コンポーネント」は、画面に表示でき、ユーザーと対話できるグラフィカルな表現を持つオブジェクトです。コンポーネントとしては、典型的なグラフィカルユーザーインタフェースのボタン、チェックボックス、スクロールバーなどがあります。
Component クラスは、メニューに関連していない Abstract Window Toolkit コンポーネントの抽象スーパークラスです。また、Component クラスを直接拡張して軽量コンポーネントを生成することもできます。軽量コンポーネントは、ネイティブな不透明ウィンドウに関連していないコンポーネントです。

Componentクラスは抽象クラスらしいので、このクラスを直接インスタンスして使えません。拡張して使って下さいみたいなことも説明に書かれていますが、独自で拡張するのはある程度Javaの力がついてからにして今はサブクラスを使いこなそうと思います。
Componentクラスのサブクラスは共通してComponentクラスのメソッドを使えるわけですが、このメソッドがかなり多くてまとめるの大変なのでリンクを貼ります。 Java Platform SE 6ドキュメント>Componet を参考にしてください。

Componetクラスのサブクラス

「JavaTM Platform, Standard Edition 6 API 仕様 」の「パッケージ java.awt」と「パッケージ java.awt の階層」を参考にしてComponetクラスのサブクラスについて表にしました。


上記サブクラスを大きく2つに分けるとContainerクラス関連とそれ以外のクラスです。
Containerクラスの説明をJava Platform SE 6ドキュメント>Containerから引用します。

総称 Abstract Window Toolkit (AWT) コンテナオブジェクトは、ほかの AWT コンポーネントを含むことができるコンポーネントです
コンテナに追加されるコンポーネントはリスト中に入れられます。リストの順番は、コンテナ中の前面から後面へコンポーネントがスタックされる順番を表します。コンテナにコンポーネントを追加するときにインデックスが指定されないと、リストの最後尾に追加され、最後尾にスタックされます。

Containerクラス関連は他のコンポーネントを含むことができ、それ以外のクラスは含むことができません。

次回から詳しく各クラスについてみていきますが、まずはContainerクラスとそのサブクラスからみていこうと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です