Javaプログラムの実行の流れ


前回はJDK (Java Development Kit)のインストールをしました。今回は簡単なプログラムを作成してプログラムの実行までを確認してみます。

Java実行の流れ

java012

Javaのプログラム自体はメモ帳などで作ることができます。この段階をソースファイルといい拡張子は「java」になります。この段階は人が読みやすいように書かれたコードなので、これをJAVA仮想マシンが読めるようにコンパイルします。コンパイルして作成されたファイルをJavaバイトコードといい拡張子は「class」です。このJavaバイトコードをJava仮想マシンが解釈してプログラムが実行されます。

(1)ソースファイルを作成

public class Sample {
    public static void main (String[] args) {
        System.out.println("Hello World");
    }
}

プログラム入門ではおなじみの「Hellow World」表示プログラムです。メモ帳などに上記コードを記述して「Sample.java」というファイル名で保存します。Javaはファイル名にも規約があって、上記コードの

public class Sample {

classの後の「Sample」をクラス名といい、クラス名とファイル名が一致しなければなりません。


コンピュータの環境,メモ帳などのエディタによっては自動的にtxtなどの拡張子がつく場合があります。この場合「Sample.java.txt」となってエラーになります。ファイルの表示設定で拡張子を表示するようにしとけばすぐに気づきます。コンパイルエラーになっているときは拡張子が正しいかも確認しましょう。

(2)コンパイル

(1)で作成したソースファイル「Sample.java」をコンパイルします。JDKは基本的にコマンドプロンプト上で動作させます。

私はJavaを「C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_18\」に、Sample.javaを「P:\Java」に保存しましたので、このパスに従って記事を書きます。

java016
①でJava関連の実行ファイルの検索パスを設定しています。このように設定することにより④で「Javac」と入力するだけで「C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_18\bin\javac.exe」が実行されます。JDKのインストールの記事で書いたように「環境変数」としてJavaへのパスが設定されている場合は①は必要ありません。
②と③で「Sample.java」の保存しているディレクトリへ基準を移します。
④ではカレントディレクトリが「P:\Java」になっています。このディレクトリにある Sample.javaをjavac.exeで実行しています。javac.exeはコンパイル実行プログラムです。
「Sample.java」と同ディレクトリに「Sample.class」ファイルが生成されていればコンパイル成功です。

(3)java仮想マシンによる実行

ほとんどコンパイルと同じです。コンパイルでの①から③までは同様です。違うところは④で

P:\Java>java Sample

と入力します。javaと入力するだけで「C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_18\bin\java.exe」が実行されます。今回は「javac ではなくて java」なので注意してください。
「java Sample」 は、Sampleクラスをjava仮想マシンで実行してます。結果として「Hello World」が表示されてれば無事にプログラムが実行されています。

java017

今回はJDKを使ってJavaプログラムの一連の流れを見ました。コマンドプロンプトを起動してコンパイル、実行とかなり面倒です。またマウスの右クリックで「貼り付け」ができるとは言えコマンドプロンプトでパス変更や入力も面倒です。規模が大きくなるといちいちコマンドプロンプトではやってられないし、コンパイル時でないとエラーがわからないのも効率が悪いです。ということでJava開発ツールとして「Eclipse」を導入していきます。「Eclipse」はこれらの流れを自動的にしてくれますし、構文エラーなどのデバッグ機能もリアルタイムです。「Eclipse」では自動処理で「Javaの一連の流れ」がつかみにくいので最初だけJDKを使ってみました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です