「SyntaxHighlighter」対応言語


[SyntaxHighlighter 関連記事]

今回は「SyntaxHighlighter」の対応言語・スクリプトをみてみます。公式サイトでは「For Users > Bundled syntaxes」で説明されています。

syntaxhighlighter03

SyntaxHighlighter uses separate syntax files
called brushes to define its highlighting functionality.
訳:
SyntaxHighlighterは、機能をハイライトすることを定めている
Brushと呼ばれている別々の構文ファイルを使用します。

対応言語は以下の通りです。「Brush name」が言語名になります。「Brush aliases」は表示部分の「class="brush: 〇〇〇"」の部分です。複数ある場合はどれか1を選択して指定します。「File name」はその言語特有の構文処理などの情報です。前もってこれらのファイルを読み込んでいる必要がありますが全部必要ありません。構文をハイライトしたい言語のファイルだけ読み込んでればいいです。

Brush name Brush aliases File name
ActionScript3 as3, actionscript3 shBrushAS3.js
Bash/shell bash, shell shBrushBash.js
C# c-sharp, csharp shBrushCSharp.js
C++ cpp, c shBrushCpp.js
CSS css shBrushCss.js
Delphi delphi, pas, pascal shBrushDelphi.js
Diff diff, patch shBrushDiff.js
Groovy groovy shBrushGroovy.js
JavaScript js, jscript, javascript shBrushJScript.js
Java java shBrushJava.js
JavaFX jfx, javafx shBrushJavaFX.js
Perl perl, pl shBrushPerl.js
PHP php shBrushPhp.js
Plain Text plain, text shBrushPlain.js
PowerShell ps, powershell shBrushPowerShell.js
Python py, python shBrushPython.js
Ruby rails, ror, ruby shBrushRuby.js
Scala scala shBrushScala.js
SQL sql shBrushSql.js
Visual Basic vb, vbnet shBrushVb.js
XML xml, xhtml, xslt, html, xhtml shBrushXml.js


[SyntaxHighlighter 関連記事]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です