SEOと段落


文章を書くとき文章をみやすくする為、文章の要点ごとに段落に分けます。段落があるということは、文字列の羅列ではなくそこには内容のある文章が存在することが予想できます。検索エンジンは情報収集する際には段落タグを目安にしているようです。


段落タグ

段落タグは<p>です。<p>タグを記述すると自動的に前後に1行分のスペースが挿入されます。スペースの挿入をさせたくない場合はCSSによる調整が必要です。


SEOと段落

段落といっても文章ですから文字数はかなりあります。では検索エンジンは段落のどのあたりを重要と判断するのでしょうか。SEO対策サイトをみてみると、<p>タグの直後、つまり段落の文頭を重視すると書かれているサイトが多かったです。他に見出しの直後(恐らく文頭)や文末と書かれているサイトもあります。文章の書き方をイメージすればわかりますが、英文や論文は結論が先にきます。ですので文頭に結論があると判断されるわけです。日本語の場合は起承転結といって最後に結論がきます。ですので文末に結論がくることもあります。ですが文章の途中に結論を書くことはあまりありません。ですので検索エンジンも文頭か文末を重視するようです。

段落は、検索エンジンに重要キーワードを適切に判断してもらう為の手段です。段落にしたからといって検索エンジンの上位になるとは限りません。ですのでSEOという観点から考えるとそれほど重要な要素ではありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です