SEOとaltとアンカー


昔はネットの回線速度も遅く、ページの大半がテキストと簡単な画像だけというものが多かったです。しかし現在は回線も早くページを画像やflashで見栄えよくしているサイトも多くなってきました。画像は人には何を示しているかわかりますが、クローラは認識できません。ではクローラに画像の内容を教えるにはどうするかというと、ALT属性を使います。

alt属性とは

代替テキストとも呼ばれ、画像が表示されない場合に代わりに表示されるテキストです。W3Cでは、img要素、area要素では必須で、input要素、applet要素では任意選択とされているようです。

alt属性のSEO効果は?

画像がわからないクローラもalt属性をみれば画像内容を予測することができます
(※画像内容を適切に説明している場合)。では、alt属性で書かれた内容を検索エンジンはキーワードとして使ってくれるのでしょうか?結論は、

多くの検索エンジンはaltの代替テキストをインデックスしない!

いろいろなSEO対策サイトをみましたが、ほとんどのサイトでSEO的に意味をなさないと書かれていました。画像が認識できないクローラですから、代替テキストが画像内容を正しく説明しているか全く保証できないので当然の結果でしょうか。

alt属性をインデックスしてくれる場合

googleではアンカータグ<a>を付けると、インデックスしてくれるようです。サイドメニューやナビゲーションバーを画像で作るサイトもよく見かけますし、せっかくメニューをリストタグで作っても画像をつかっている為、リストタグによるSEO対策が生かせないのでは困ります。アンカータグ付画像は代替テキストをインデックスしてくれるようなので、リストタグと画像の組み合わせでのメニュー作成は大丈夫そうです。yahooはわかりませんが。それ以外の画像はalt属性を使ってもSEO的には意味はありません。本来のページ作成の基準は人であってクローラではないので、ユーザビリティの観点からつけるほうが良さそうですね。

alt属性とペナルティ

SEO塾さんで次のような恐ろしいことが書かれていました。

メニュー(ナビゲーション)で画像ボタンをおき、そのalt属性にキーワードを埋め込んだ場合、アンカー付きalt属性として、Googleのペナルティが発動する可能性が非常に高い。

上記でせっかくリストタグと画像を利用してサイドメニューやナビゲーションメニューを作成できると思ったのですが、この組み合わせはペナルティになる可能性が高いとか。対策として代替テキストには「キーワードから始めるな!」とか「キーワードは繰り返すな!」とか結局キーワードはあまり入れないほうが良さそうです。このalt属性そのものがSEO的に評価基準として低いにかかわらず、ペナルティになる確率も結構あるのでは極力使わない方がいいのでしょうか?画像にはalt属性はあえて空文字(alt="")にしているサイトも多いようです。とりあえず、alt属性にキーワードを含めるときはペナルティに十分考慮して考えましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です