SEOと強調文字


文章を書くとき、強調したい言葉などを太文字にして目立たすことが多いです。
検索エンジンも強調文字は重要なキーワードと認識してくれますのでSEO上、検索キーワードにしたい言葉は強調文字にしましょう。

<b>と<strong>

<b>も<strong>も見た目は太字で変化がないようにみえます。しかし意味合いは全く違います。<b>タグはboldで、ただの太文字です。デザイン的に太くしているだけなので検索エンジンは重要と判断せずSEO上効果がないようです。それに対して、<strong>は強調なので検索エンジンも重要と判断します。また強調かつ斜体の<em>タグも、強調をあらわすのでSEO的に良いみたいです。

<strong>は検索キーワードだけに

文章を書いていれば、他の言葉より目立たせたくて太字にしたい場合が多々あります。しかし全ての太文字を<strong>タグにしてしまうと、そのページの重要キーワードがわからなくなってしまいます。そこで、検索キーワードにしたい太文字は<strong>や<em>を、それ以外は<b>タグなどで使い分けます。<b>タグは今では古いタグなので、 style="font-weight:bold" のようにCSSが推奨されています。CSSはデザイン指定なのでSEO上、重要と判断されないようです。

<strong>や<em>はSEO評価では重要度は高くない

無料SEO対策のススメ」では、<strong>も<em>もSEO効果はほとんどないと書かれています。他のサイトや書籍でも評価要素としてはそれほど高くないみたいです。簡単にできるSEO対策なので効果は微々たるものですが一応やっておきましょう。

<strong>や<em>は多すぎてもダメ

タイトルタグやhタグなどもそうでしたが、簡単にできるSEO対策にはペナルティ判定が一緒についてきますね。<strong>タグも当然、いかにも「SEO対策だ!」という書き方をすればペナルティを受けます。どんな書き方かというと、たくさん書くだけです。「無料SEO対策のススメ」では1~3個程度で良いと書かれています。私が愛用している「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書」では、2~3個で十分と書かれていました。効果が低い割りに、ペナルティを受けると馬鹿馬鹿しいので、多くなりすぎないようにだけ注意しましょう。

参考文献


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です