SEOと見出しタグ : H(eading)


雑誌や新聞には色々な内容があり、各内容は段落で別れ見出しが多くについています。見出しから、この段落には何が書かれているのか予測ができます。サイトも同様で、ページを段落分けしたり見出しをつけます。見出しにはその段落と全く関係のないことは書かれていないことを前提に、検索エンジンも重要なキーワードが含まれていると考えSEO評価対象になっています。

見出しタグ

htmlでは見出しは「h」タグを使います。「heading」の頭文字です。全部で6段階あり、h1~h6と数の小さいものが上位となります。h1は、ページ全体の見出しに使われることが多く、基本的にページに1回だけ使用します。サイトによっては章ごとにh1見出しを使うなども書かれている場合もあるので、そんなに具体的にこだわらなくて良いと思います。ただ、SEO対策サイトみてるとh1はページに一回だけというのが大半でした。

SEOでh1タグは高く評価される?

いろいろなサイトや書籍をみてみると、h1タグは必ず記述するように書かれています。検索エンジンはh1タグを高く評価するようです。ページ全体や章ごとの内容の見出しなのでキーワード取得には最適なのは予想できます。
では、ページの見出し全てをh1で記述すればいいのか?h1が高く評価されるからと言ってページにいくつもh1を使うと、検索エンジンスパムと判断されペナルティを受けることがあるようです。本来h1はページに1個程度なので数多くあると明らかにSEO対策だと判断されるわけです。

見出しのスタイル

hタグを使うと、太字になったり前後に改行が入ったり、字の大きさが変わるなどスタイルが自動的に変わります。ではスタイルを自由に変更してもSEOに影響ないのか?基本的にはないようです。しかし、読めないぐらい小さい字にしたり非表示にするなど人に見えない状態にすると、SEO対策による検索エンジンスパムと判断されてペナルティを受けることがあるようです。


「SEOと見出しタグ : H(eading)」への2件のフィードバック

  1. 「Google のインデックスやランク付けなどに関する、10 の誤解」
    ですか。
    googleスタッフによるブログなので信頼できそうですね。
    参考させてもらいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です