SEOとタイトルタグ


前回はSEOには「内的要因」と「外的要因」があると説明しました。
外的要因の方が重要らしいのですが、外的要因はサイトの質を上げて自然と被リンクを増やしてもらう必要があるので対策的には難しいです。
まずは「内的要因」対策からみていこうと思います。

タイトルタグ<title></title>

タイトルタグが重要なのは、検索エンジンがそれほど発展していない10年前から一緒です。タイトルですからサイトに限らず、新聞や雑誌など他のメディアでも同様です。人はタイトルを見ることでそのサイトの内容を予想しますし、内容と全く関係ないタイトルをつけるとは普通思わないのでクローラもタイトルの内容は重視します。

タイトルタグには検索させたいキーワードを

検索エンジンアルゴリズムは、いろいろな要素を考慮して上位表示させるサイトかどうか決めます。タイトルタグは最も考慮される要素の1つらしいので、SEO的には当然、検索させたいキーワードを含めるのが良いです。しかし、タイトルタグはスパム行為判断の対象項目でもあります。ページに関係ない語句を並べたり、いかにもSEO対策とわかる同じ語句を並べる行為などはスパム行為と判断されペナルティを受けます。頻繁にタイトルを変更するのも駄目みたいです。タイトルは1回決めるとほとんど変更はない項目なので無意味な変更は、SEO対策行為と判断されペナルティを受けます。タイトルの書き方は、検索キーワードにさせたい語句から順番に並べるのが良いみたいです。

検索エンジン一覧も考慮せよ!

タイトルタグですが、これは検索結果の一覧の見出しにもなります。googleやyahooで検索したとき、一覧の上位から順番にクリックしますか?一覧の見出しや要約を見て、自分が求めている内容がありそうなサイトをクリックします。SEO対策でキーワードだけを列挙しても、タイトルなどから内容が推測できないとクリック率が下がります。ある書籍では、人は検索結果1文字1文字しっかり読むのではなく、見出しをざっとみてスキャンすると書かれていました。タイトルタグは、SEO対策と内容推測2つ考慮して考える必要があるようです。

参考文献


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です