ページごとにデザイン変更(Custom Post Template)


wordpressの記事も多くなってきてカテゴリも多くなると、カテゴリごとやページごとにデザインを変更したくなります。
プラグインを調べていたら「Custom Post Template」というページごとにデザインを変更できるプラグインがありました。
※説明の画面はwordpress2.71です。

ダウンロード

wordpress本家の「Plugin Direction」からダウンロードができます。

custom_post_template01

Custom Post Template とは

「Custom Post Template」についての説明があったので翻訳します。

Provides a drop-down to select different templates for posts from the post edit screen. The templates are defined similarly to page templates, and will replace single.php for the specified post.

投稿編集画面から、投稿ごとに異なるテンプレートを選択できるドロップダウンを提供します。それらのテンプレートはページテンプレートと同様に定義され、指定された投稿では「single.php」と置き換えます。

オリジナルテンプレートの作成

Post templates, as far as this plugin is concerned, are configured similarly to page templates in that they have a particular style of PHP comment at the top of them. Each post template must contain the following, or similar, at the top:

このプラグインに限り、投稿テンプレートでは、テンプレートコードのトップに特定のスタイルのphpコメントを記述します。各投稿テンプレートのトップに次のコードを含めてください。

  <?php
  /*
  Template Name Posts: Snarfer
  */
  ?>

例)

プラグインはインストールして有効にします。インストールの仕方は他のプラグインと同様です。
テンプレート「single.php」 をコピーし、 「single_hsp3.php」という名前で「single.php」と同じフォルダーに保存しました。

custom_post_template02

テーマ編集では、右サイドメニューに「single_hsp3.php」が追加されています。クリックすると編集することができます。
このテンプレート名は「single_hsp3」としたいので次のようにテンプレートのトップにコメントを記述しました。

<?php
/*
Template Name Posts: single_hsp3
*/
?>

custom_post_template03

投稿画面に「Post Template」が追加されています。ドロップダウンの選択にはデフォルトテンプレートと、上記で作成した「single_hsp3」があります。

このように投稿ごとにドロップダウンでテンプレートが選択できるようになりました。


「ページごとにデザイン変更(Custom Post Template)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です