アップグレード⑤(2.61から2.71) 『wordpress』


前回はローカルでアップグレードを行ないました。無地アップロードできたのでいよいよ本サーバでアップグレードを行ないます。アップグレードの流れは「アップグレード④(2.61から2.71) 」に書かれているのと同じです。大きな違いは、アップグレードをする前にしっかりバックアップを取っておくことです。私はFTPでファイルを2重に、データベースはmysql型でサイト全体を一括と、WP関連のテーブルを各個別にバックアップとっておきました。

■一連の流れ

①バックアップ
  ファイルとデータベースをバックアップします。なお、データベースに関しては本当にそのバックアップファイルで復元できるかチェックしておくと安全です。「myMyAdmin」なら「テーブルのコピー機能」で構造とデータをそのまま簡単にコピーできます。そのコピーテーブルで空にして再アップで簡単に復元検証できます。

②「wp-config.php」の設定
  2.71用のファイルで設定をしておきます。
③全プラグインを無効化
  有効化してるとアップグレードに影響を与えるプラグインがあるらしいです。
④運用中(2.61)の「wp-content」以外のファイルを削除
  私はwordpressコア以外のファイルは「wp-content」内にあるのでこのフォルダ以外を削除します。
⑤wordpress2.71の「wp-content」以外のファイルをアップ
  wordpressコアを総入れ替えします。
⑥「wp-content」→「plugins」の標準プラグインの更新
  プラグインのうち「akismet」と「wp-multibyte-patch」は標準プラグインなので2.71のファイルに入れ替えます。
⑦「wp-content」→「themes」の標準テーマの更新
  テーマのうち「classic」と「default」は標準テーマです。私は2.61のこれらの名前のテーマを改良して使ってますので上書きしません。特に問題ない人は2.71にある「classic」と「default」に入れ替えてもらってもいいです。
⑧データベース構成の更新
 データベース構成が変わってるようです。管理者画面(管理パネル)にアクセスしたとき、古いデータベース構成のままだと更新メッセージが表示されるようです。指示に従います。
⑨プラグインを有効化
 プラグインを無効にしていたので有効にします。
⑩動作テスト
 正常に動作してるか確認します。

 
無事、本サーバでもアップグレード完了できました。管理サイト(管理パネル)の表示が随分違うので今まで説明した「wordpress」説明が2.6用になっちゃいました。また大きな違いがある場所は2.7用で投稿したいと思います。今まで大カテゴリ「wordpress」だったのを「wordpress2.6」に変更しました。これからのwordpress関連の投稿カテゴリは新たに「wordpress2.7」になります。

※どうでもいいことですが、これが2.71初投稿です。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です