アップグレード④(2.61から2.71) 『wordpress』


前回は「プラグインのチェック」と「wordpress」コア以外のファイルをチェックしました。今回はいよいよローカルですがアップグレードやっていきます。投稿やプラグイン追加による「wordpressコア以外のファイル」がありますが、それらを削除してまたアップしなおすのもめんどうなので残していく方法で進めます。
   ※wordpress Codexを参考にしてます。

■一連の流れをまとめる

①「wp-config.php」の設定
  2.71用のファイルで設定をしておきます。
②全プラグインを無効化
  有効化してるとアップグレードに影響を与えるプラグインがあるらしいです。
③運用中(2.61)の「wp-content」以外のファイルを削除
  私はwordpressコア以外のファイルは「wp-content」内にあるのでこのフォルダ以外を削除します。
④wordpress2.71の「wp-content」以外のファイルをアップ
  wordpressコアを総入れ替えします。
⑤「wp-content」→「plugins」の標準プラグインの更新
  プラグインのうち「akismet」と「wp-multibyte-patch」は標準プラグインなので2.71のファイルに入れ替えます。
⑥「wp-content」→「themes」の標準テーマの更新
  テーマのうち「classic」と「default」は標準テーマです。私は2.61のこれらの名前のテーマを改良して使ってますので上書きしません。特に問題ない人は2.71にある「classic」と「default」に入れ替えてもらってもいいです。
⑦データベース構成の更新
 データベース構成が変わってるようです。管理者画面(管理パネル)にアクセスしたとき、古いデータベース構成のままだと更新メッセージが表示されるようです。指示に従います。
⑧プラグインを有効化
 プラグインを無効にしていたので有効にします。
⑨動作テスト
 正常に動作してるか確認します。
 

■いよいよ実行

さてアップグレード計画も簡単ですがまとめたので実行していきます。①~⑥まで順調にいって⑦にきました。予定通りデータベース更新のメッセージが表示されました。

「wordPressをアップグレード」ボタンをクリックします。

「続ける」ボタンをクリックします。無事管理サイトにアクセスできました。見た目かなり2.61と違います。簡単にみたところ管理者・ユーザページとも特に問題なさそうです。プラグイン無効にしていたので有効にします。簡単ですが動作をみたところ正常に動いているようです。

ローカルでは無事アップグレードできたようです。実際に投稿やカテゴリー作成、プラグインの設定変更などのテストをこれから詳しくおこなって、問題がないようなら本サーバでアップグレード行いたいと思います。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です