アップグレード③(2.61から2.71) 『wordpress』


前回は「wordpress2.71」のダウンロードと「wp-config.php」の設定を行いました。今回はプラグインのチェックとwordpressコア以外のファイルのチェックをしていきます。
wordpress Codexを参考にしてます。

■プラグインのチェック

「wordpress」を利用していると様々なプラグインを追加して拡張していると思います。私も標準以外に5つのプラグインを使用しています。「wordpress」のバージョンアップに常にプラグインの更新がついてきてるとは限りません。対応できているか調べましょう。
「wordpress2.7」対応のプラグイン一覧が本家にありました。5つのプラグインを調べてみましたがなぜか全てありませんでした。プラグインも多いですから網羅してないのでしょう。各プラグインのサイトで調べてみました。

Batch Categories
Category Order
Kill WP Texturize
Pagebar2
Ultimate Google Analytics

2.7対応か書いてないプラグインもありましたが、私はローカルでテストできるので直接影響ないか調べてみます。いきなり本サーバアップグレードの場合は注意してください。

■wordpressコア以外のファイルのチェック

プラグインでの拡張や投稿、テーマのデザイン変更など行っていると様々なファイルが追加、更新されています。こららのファイルはwordpress2.71でも反映させなければなりません。どのファイルが追加、更新されているのか調べます。基本的に「wp-content」内に追加、更新ファイルはあります。

①プラグイン
プラグインでの拡張を行ったことがある人はわかると思います。プラグインは「wp-content」→「plugins」にあります。「plugins」内にある「akismet」と「wp-multibyte-patch」は標準プラグインで2.71にもあります。2.71にある方に変更してもらってもいいです。その他は拡張プラグインです。

②投稿内容
投稿自体はデータベースに保存しますが画像などのファイルがアップされています。これらのファイル忘れると画像切れなどが起こるので必ず2.71でもアップします。アップロードファイルの保存場所は管理者画面で設定できるので確認してください。デフォルトは「wp-content」→「uploads」になってます。

③テーマ
テーマは「wp-content」→「themes」にあります。2.71にも標準で「classic」と「default」テーマがありました。私のように「classic」や「default」テーマを管理画面からいろいろアレンジしてる人は上書きしないように注意してください。

④.htaccess
私はやってませんが、パーマリンク設定をしていると自動的にhtaccessファイルを生成するようです。アップし忘れると設定が反映されないので注意してください。

⑤その他
オリジナルフォルダ、ファイルを作成している場合はアップします。またコアを改造している場合は2.71のファイルを改造します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です