HSP入門⑨ 色指定 『HSP3』


文字表示は標準では「黒色」になっています。
文字色を指定するには「color」関数を使います。

関数名      :color
パラメータ  :赤の輝度値 , 緑の輝度値 , 青の輝度値
意味         :色を指定する

 コ ンピュータの画面がR(red:赤),G(green:緑),B(blue:青)という3つの色を合わせて表示しているので、この3色を指定して最大で1670万色の色を作っています。
各色は「0~255」の256パターンで指定するので 256×256×256=16777216になります。
0がもっとも暗くて、255がもっとも明るい状態になります。

HPSチュートリアルと同じサンプル色を実行してみました。

表示した文字の色が指定した色に変わっています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です