エクスポート 『phpMyAdmin』


今回はホスティングサービスサイトのデータベースをローカル環境へ組み込む為、
データベースの内容を「エクスポート」します。

グローバルメニューの「エクスポート」をクリックします。
DBのダンプ(スキーマ)表示画面になります。
「エクスポート」グループでエクスポートしたいテーブル名と保存形式を指定します。
テーブル名の選択は「Ctrl」キーや「shift」キーを押しながらマウス左クリックすると複数選択できます。デフォルトでは全選択されています。
ローカル環境作ったばかりで、テーブルすらできていないので、今回は SQL形式でエクスポートします。
SQL形式で保存すると、テーブル作成クエリも一緒に保存されます。

「ファイルで保存する」のチェックボックスがありますが、必ずチェックを入れます。
チェックしないとブラウザ表示になり、テキスト量が多いとフリーズします。

今回はエンコーディングへの変換は、「non」にしました。
「EUC」にチェックして保存しても、うまくエンコードできずに文字化け起こすことがありました。
私は「non」で保存して、別ソフトで保存ファイルを「EUC」にエンコードしてます。

「実行する」ボタンをクリックします。
保存場所を指定するダイアログが開きますので、指定して保存します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です